あの大ヒット作品『バクステ!』が
装いも新たにリニューアル版として返ってきます!

〜舞台裏にも「スタッフ」という、演劇人がいる。〜

脚本 堤 泰之
Yasuyuki Tsutsumi

脚色・演出 南鳩史之
Fumiyuki Minamibato

2020年 7月29日(水)〜8月10日(月祝)

赤坂レッドシアター

STORY

あらすじ

時は現代。劇場のバックステージ。舞台の初日を3日後に控え、今日から劇場入りをしたスタッフたち。1日目、搬入・仕込日。2日目、役者も入っての場当たり舞台稽古。3日目、ゲネプロを経て本番初日。『バクステ!3rd stage.』という作品はこの3日間のスタッフルームでの出来事を描いています。普段見ることのできない生々しいスタッフたちの言動。大ゲンカや大笑いの中に起きる演劇人ならではのアルアル。さほどヒットしているとは思えない舞台作品に携わるスタッフたちの生きざまが徐々に見え始め、ある出来事をきっかけにこのスタッフたちは一丸となるのか?人間の心の中にあるプライドやくだらなさがぶつかり合う姿にどうしても笑ってしまい、心が締め付けられたりもします。文字通り明日が明るい日になりますように。



COMMENT

コメント

今回これだけの役者が14名集まりました。裏方であるスタッフ役が12名、表方である役者役が2名。どうなることやらワクワクします。堤さんのオリジナル作品。つまり、役柄に見本がありません。各役者の持ってきたもん勝ちです。今から稽古場でのバトルロイヤルに期待が膨らみまくります。堤さんの日常を描くオリジナル脚本は演じる役者によって作品が大きく様変わりします。今回の14キャストは曲者だらけです。普段の演劇スタッフたちも負けず劣らず変態だらけです。曲者が演じる変態をぜひ観にいらしてください。日常感あふれる、人の心根をお伝えできればと思っています。

脚色・演出 南鳩史之

Twitter

ツイッター

CAST

キャスト

納谷 健 (劇団Patch)

Takeru Naya

佐藤信長

Nobunaga Sato

齋藤健心

Kenshin Saito

高田 誠

Makoto Takata

小野寺ずる

Zuru Onodera

糸原 舞

Mai Itohara

藤本かえで

Kaede Fujimoto

難波なう

Nau Namba

橋果鈴

Karin Takahashi

瀬尾タクヤ

Takuya Seo

三上陽永 (ぽこぽこクラブ)

Yoei Mikami

利根川 渡 (WATARoom)

Wataru Tonegawa

笠原紳司

Shinji Kasahara

西ノ園達大

Tatsuhiro Nishinosono

PROFILE

プロフィール

納谷 健

納谷 健(劇団Patch)
Takeru Naya

as (制作助手)

プロフィール

納谷 健 (劇団Patch)
Takeru Naya

as (制作助手)

1995年8月7日生まれ、大阪府出身。
2015年、「第4回劇団 Patch オーディション」で準グランプリ受賞し同劇団へ入団。 近年の出演作に、音楽劇『ロード・エルメロイII世の事件簿 -case.剥離城アドラ-』、エンゲキ♯04『絶唱サロメ』、少年社中20周年記念ファイナル『天守物語』、梅棒9th"RE"ATTACK『超ピカ イチ!』、舞台『七つの大罪 TheSTAGE』、舞台『刀剣乱舞』シリーズ、舞台『十二夜』(2020年3月)、舞台『タンブリング』2020(2020 年4.5月)など。

佐藤信長

佐藤信長
Nobunaga Sato

as (DVD撮影)

プロフィール

佐藤信長
Nobunaga Sato

as (DVD撮影)

1995年3月30日生まれ。宮崎県出身。
2016年、パルコ・プロデュースの舞台『露出狂』でデビュー。
2019年に7名の俳優で結成されたユニット「TFG」で歌手としてメジャーデビューを果たす。
主な出演作品にハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』"飛翔" 白布賢二郎役、『レイルウェイ』滑川達也役、『男子はつらくないよ?』ノブ役などがある。

小野寺ずる

小野寺ずる
Zuru Onodera

as (照明助手)

プロフィール

小野寺ずる
Zuru Onodera

as (照明助手)

宮城県出身。
2011年より舞台を中心に活動を開始。KAKUTA、燐光群、タカハ劇団、mizhen、シンクロ少女、堤幸彦演出舞台など 多数の劇団、作品にハイペースで出演を続ける。
□字ック「荒川、神キラーチューン」にてCoRich舞台芸術祭2014俳優賞を受賞。
近年は広告、ドラマ「まだ結婚できない男」や映画「海辺の映画館 -キネマの玉手箱」など映像作品にも活動の幅を拡げ、映画主演作『pinto』が 新人監督映画祭グランプリを獲得。
フジテレビ「アウト×デラックス」へのバラエティ番組出演や4コマ漫画、詩集の出版など役者という枠に留まらないマルチな活躍も見せている。 特技は東北弁とドラム演奏。雑誌えんぶにてインタビュー企画「小野寺ずるの女の平和」を連載中。

糸原 舞

糸原 舞
Mai Itohara

as (ヘアメイクチーフ)

プロフィール

糸原 舞Mai Itohara

as (ヘアメイクチーフ)

〈2019年の職歴=役〉
ドキュメンタリー番組のディレクター
弁護士
ギャル
元デリヘル譲
ミュージシャン
王女
アングラ劇団員

他にも、医者・愛人・母親・イベントコンパニオン・陶芸家・キャリアウーマン・フィリピン人・武士など、バリエーションが豊富なので飽きさせない。性格も陽と陰さまざま。
役に芯を持たせる為に何でもやる。
1983年7月25日生。獅子座のAB型。動物占いは「我が道を行くライオン」。

〈主な出演作〉
●エヌオーフォープロデュース「トリスケリオンの靴音」(作・演出:堤泰之)
●ジグジグ・ストロングシープス・グランドロマン全公演(作・演出:堤泰之)
●ラフカット2014「紅葉狩り」(作・演出:堤泰之)
●ラフカット2017「コインランドリーマンズ」(作:桑原裕子/演出:堤泰之)
●ラフカット2019「撲殺のブギー」(作:宮藤官九郎/演出:堤泰之)
●旅藝人「どん底」(作:ゴーリキー/演出:桂祐輔)
●PRAY次へ?旗揚げ公演「グリークス 第一部 戦争」(翻訳・演出:桂祐輔)
●糸原舞プロデュース「十二人の怒れる人々」(原作:レジナルド・ローズ/脚色:藤森一朗/演出:三好忠幸)

●ロバート秋山のクリエイターズファイルムービー「上杉みち」編

藤本かえで

藤本かえで
Kaede Fujimoto

as (振付助手)

プロフィール

藤本かえで
Kaede Fujimoto

as (振付助手)

1992年10月6日生まれ。
埼玉県出身。てんびん座。A型。
特技はピアノ弾き語り。
舞台、ドラマを中心として活動中。
代表作は日本テレビ連続ドラマ×沖縄国際映画祭出品作品「女の機嫌の直し方」、映画「トラさん〜僕が猫になったワケ〜」、舞台「夕」、「宇宙戦艦ティラミス」、舞台「黒蝶のサイケデリカ」、朗読劇「HARAJUKU〜天使がくれた七日間」等

難波なう

難波なう
NAU NAMBA

as (メイク助手)

プロフィール

難波なう
NAU NAMBA

as (メイク助手)

1995年10月21日生まれ。東京都出身。
12歳で初舞台を経験してから数多くの舞台に出演し、若手実力派女優として注目を集める存在。バクステには初演、再演から3度目の出演。近年は広告モデルやYouTubeの開設と活躍の幅を広げている。
韓国アルコ劇場にて「真夏の夜の夢」を上演しパック役を好演。17歳時にオリジナル作品「O津〜オズ〜」(主演 ゆかり役)で全日本高校演技大会で作品賞を受賞。過去出演作品 舞台:『バクステ』演出 川本成、『バクステ!!(再演)』演出 川本成、西瓜糖『うみ』演出 松本祐子、西瓜糖『レバア』演出 寺十吾、『前向きな人たち』演出 大池容子、『先生と赤い金魚』演出 大野裕明、□字ック『滅びの国』演出 山田佳奈、『今度は愛妻家』演出 小西優司、 『見よ、飛行機の高く飛べるを』演出 酒井菜月、『マインドファクトリー〜丸める者たち〜』演出 池内風など。映画:「紅葉橋」監督 石川二郎。
【次回出演情報】
2020.3.12-18 Ammo『桜の森の満開のあとで』@新宿シアターミラクル、5.2-17 キ上の空論『ピーチオンザビーチノーエスケープ』@萬劇場、11月公演
近日情報解禁/YouTubeチャンネル「なうの島ちゃん」日本の離島の魅力を発信
https://youtu.be/kTjsoCz9Bzo
難波なう公式HP
http://nambanau.mystrikingly.com/

橋果鈴

橋果鈴
Karin Takahashi

as (音響助手)

プロフィール

橋果鈴
Karin Takahashi

as (音響助手)

2000年7月22日生まれ
千葉県出身。かに座。A型。
特技はピアノ、ダンス、歌、絶対音感。
2012年から2017年までガールズダンス&ヴォーカルユニット・Prizmmy☆として活動。
2015年には舞台『「美少女戦士セーラームーン」-Um Nouveau Voyage-』にて土萠ほたる/セーラーサターン/ミストレスナイン役として抜擢され初舞台を踏む。
2017年、Prizmmy解散後は舞台を中心に活動。
今後は舞台だけではなく映像分野にも活動の幅を広げていく。
代表作品は「デスノート THE MUSICAL 2017」、「クジラの子らは砂上に歌う」、「ゴリラ〜GORILLA〜」、「こっちにおいで、ジョセフィーヌ」、「愛と青春キップ」「ある日の通り雨と共に」、「魔法少女?マジカルジャシリカ」、ミュージカル「千年に一度の奇跡」、音楽劇「A CIVIL WAR CHRISTMAS」等

瀬尾タクヤ

瀬尾タクヤ
Takuya Seo

as (照明チーフ)

プロフィール

瀬尾タクヤ
Takuya Seo

as (照明チーフ)

5/28生まれ。さいたま市出身。
特技は、乗馬、ギター。
主な出演作品
【舞台】富良野GROUP『明日、悲別で』、『音楽劇 夜曲』、『バクステ』、『舞台PSYCHO-PASS V V』、『古-inishiie-』、『ハリトビ』。
【映画】『ダブルミンツ』、『テラリウムロッカー』
【CM】
経済産業省 消費者還元事業CM
二階堂健一編

三上陽永

三上陽永(ぽこぽこクラブ)
Yoei Mikami

as (音響チーフ)

プロフィール

三上陽永 ((ぽこぽこクラブ)
Yoei Mikami

as (音響チーフ)

ぽこぽこクラブ主宰・虚構の劇団所属
本業は役者であるが、仲間と共に立ち上げたぽこぽこクラブでは主に演出・脚本を担当し、近年では外部演出・企画構成なども務める。
2019年若手演出家コンクール優秀賞を受賞。
役者としては「WINDS OF GOD」から「パタリロ」まで幅広いジャンルの作品に出演している。
Eテレでは「できた できた できた」で体操教室の先生役を務めた。

利根川 渡

利根川 渡 (WATARoom)
Wataru Tonegawa

as (役者)

プロフィール

利根川 渡 (WATARoom)
Wataru Tonegawa

as (役者)

劇団天空旅団の劇団員。また、柏進が代表を務めるWATARoomの所属俳優でもあり、2008年に上演された「ダブルブッキング!」に始まり、abc★赤坂ボーイズキャバレーシリーズ、大阪シアターBRAVA!前一人芝居、代々木公園一人芝居など、劇団以外の様々な場所で活動する絶叫役者。

WATARoom HP:https://wataroom.fun/

西ノ園達大

西ノ園達大
Tatsuhiro Nishinosono

as (舞台監督)

プロフィール

西ノ園達大
Tatsuhiro Nishinosono

as (舞台監督)

日本大学芸術学部演劇学科で演出を学ぶも、在学中より役者に転身。卒業後は、2007年惜しまれつつ解散した劇団「TEAM発砲・B・ZIN」の看板俳優の一人として、1997年の入団以来全作品に出演。2000年の「ジャスキス・トリロジー」では本多劇場で約1万人を動員した。嵐の大野智主演のプーシリーズでは主要メンバーとして「戦国風」「転世薫風」「天つ風」の3作品への出演ほか、振り幅の広い演技と存在感で多くの舞台作品に出演している。また、CMやTVドラマ、映画等映像作品にも数多くのヒット作に出演。シンガーソングライター「西ノ園タツヒロ」としてCD製作や全国各地でライブ活動も展開する一方、舞台作品の主題歌など、楽曲提供も多数手掛ける。主な出演作品に、舞台「バレンタイン・ブルー」「古-inishie-」「BACK STAGE」「三匹のおっさん」「ガラスの仮面」TV「陽だまりの樹」「相棒」等、他多数。

SCHEDULE

劇場スケジュール

スケジュール
2020年
7月29日(水)〜8月10日(月祝)
  7月29日
(水)
7月30日
(木)
7月31日
(金)
8月1日
(土)
8月2日
(日)
8月3日
(月)
8月4日
(火)
8月5日
(水)
8月6日
(木)
8月7日
(金)
8月8日
(土)
8月9日
(日)
8月10日
(月祝)
13:00       休演日        
14:00                
18:00                
19:00          
  昼公演 夜公演
7月29日
(水)

19:00
7月30日
(木)

19:00
7月31日
(金)

14:00

19:00
8月1日
(土)

13:00

18:00
8月2日
(日)

13:00

18:00
8月3日
(月)
休演日
8月4日
(火)

14:00

19:00
8月5日
(水)

14:00

19:00
8月6日
(木)

19:00
8月7日
(金)

14:00

19:00
8月8日
(土)

13:00

18:00
8月9日
(日)

13:00

18:00
8月10日
(月祝)

13:00

全 席 指 定
  • 料金
    6,500 円(税込)
  • 未就学児入場不可
  • 客席開場は開演の30分前です

一般前売り

2020年4月30日(木) 12:00〜
劇場

赤坂RED/THEATER

(赤坂レッドシアター)

〒107-0052
東京都港区赤坂3-10-9
赤坂グランベルホテルB2F
劇場事務所
03-5575-3474
劇場ロビー(公演期間中のみ)
03-5575-7132

STAFF

スタッフ
堤 泰之
脚色・演出
南鳩史之
音楽
細川圭一
美術
土岐研一
照明
阿部典夫
音響
宮脇奈津子
舞台監督
矢島 健
演出助手
中川智美
大道具
保坂史朗
制作助手
木村菜摘
宣伝美術
菊田参号
田中しおり
宣伝協力
吉田祥二
プロデューサー補
木村彩菜
プロデューサー
難波利幸
美術
トキデザインスタジオ
照明
Aプロジェクト
音響
SCアライアンス
大道具
ステージフォー
宣伝美術
バグスタジオ
宣伝協力
カンフェティ
協力(50音順)

エイベックス・マネジメント

えりオフィス

オフィスPSC

劇団Patch

スペースクラフト

プラチナ・ペーパーズ

BLUE LABEL

ぽこぽこクラブ

ワタナベエンターテインメント

WATARoom

CONTACT

お問合せ
info@no-4.biz