東野圭吾原作ミュージカル『手紙』

原作:東野圭吾 『手紙』(文春文庫刊)
製作:ミュージカル『手紙』製作委員会
企画協力:文藝春秋
原作
東野圭吾『手紙』(文春文庫刊)
脚本・作詞
高橋知伽江
演出
藤田俊太郎
作曲・音楽監督・作詞
深沢桂子

日本のオリジナル作品、ミュージカル『手紙』。
今回の2017年版は再演ではなく再挑戦です!

東野圭吾原作ミュージカル『手紙』

☆主役の直貴を柳下大と太田基裕がダブルキャスト。2バージョンでお贈りします!
☆初演には無かった新曲が登場!
☆海外公演を目指します!

人殺しの弟を世間は許さない

両親を亡くしてから、直貴にとって兄の剛志が親代わりだった。剛志は弟の学費ほしさに空き巣に入り、現場を見つかったために殺人まで犯してしまう。貧しくても平和だった生活が一瞬にして暗転する。 直貴は「人殺しの弟」という烙印を押されさまざまな差別に遭う。そんな彼にとって音楽との出会いが唯一の救いになった。バンド仲間との友情、初恋―だが、それさえも無残に打ち砕いたのは兄の存在だった。 一方、服役中の剛志は弟への純粋な想いを手紙につづり続ける。 その手紙が直貴をどこまでも追いつめてゆき、ついに―。 運命の荒波にもまれる兄弟の十年間をたどり、日常のもろさ、差別、償い、家族の絆―現代社会のかかえる問題をあぶりだす。ミュージカルだからこそ描ける深い感動をお届けします。

SCHEDULE / TICKET

劇場スケジュール / チケット購入
東京公演

新国立劇場 小劇場

2017年1月20日(金)〜2月5日(日)
劇場スケジュール
全 席 指 定
  • 料金 9,800 円(税込)
※未就学児童不可

サンライズオンライン

チケットぴあ

イープラス

ローソンチケット

カンフェティ

神戸公演

新神戸オリエンタル劇場

2017年2月11日(土祝)〜2月12日(日)
劇場スケジュール
全 席 指 定
  • 料金 9,000 円(税込)
※未就学児童不可

サンライズオンライン

チケットぴあ

イープラス

ローソンチケット

新神戸オリエンタル劇場チケットセンター

カンフェティ

初演のお客様アンケートより

  • 東野先生の大ファンです。あの『手紙』がミュージカルになるということで驚き、正直どうなるんだろうと思っていました。観劇後、もっと驚きました。素晴らしかったです!
  • 殺人者の弟だというレッテルはどうしようもないことかもしれませんが、家族としての絆に涙が止まりませんでした。
  • ミュージカルファンです。これもミュージカルなんですね。
  • 細かいところにまで行き届いている藤田演出。斬新なセット。画期的なミュージカルでした。
  • 弟の人生、兄の人生。切っても切れない縁。ラストシーンは二人にしか解り得ない二人の人生。泣きました。
  • みなさん、やりましたね!そんな感じです。
  • ミュージカルであることを忘れるくらいに脚本も歌も曲もどれもが刺さりました。
  • 直貴がボーカルのスペシウムのライブが観てみたい!
  • 5公演観劇しました。毎回ですが、ミュージカルを観て笑顔がなく劇場をあとにするのは初めての経験です。感動!
  • すべてのスキルの高さに脱帽。近年稀に見ると言っても過言ではありません。再演、期待しています!
  • 楽曲が素晴らしかったです。ミュージカルは苦手なんですが、とにかく楽曲が素晴らしかったです。
  • 東野先生が伝えたかったことはこういうことなんだと思いました。小説が舞台化されて期待を裏切らなかった作品は初めてです。

CAST

キャスト
武島直貴(弟)

柳下 大
(ダブルキャスト)

1988年、神奈川県出身。2006年俳優デビュー。主な出演作品に、ドラマ『果し合い』(監督:杉田成道)『軍師官兵衛』『純と愛』、舞台『御宿かわせみ』(演出:G2)『いつも心に太陽を』主演(演出:岡村俊一)『真田十勇士』(演出:宮田慶子)『アダムス・ファミリー』(演出:白井晃)など。自身が企画して2月に上演された『オーファンズ』(演出:宮田慶子)は演劇界で好評を博し、注目公演となった。10月には本多劇場にて「お気に召すまま」(演出:青木豪)の出演が控える。
武島直貴(弟)

太田基裕
(ダブルキャスト)

1987年1月19日生まれ。東京都出身。2009年、ミュージカル『テニスの王子様』で舞台デビュー後、舞台、映像作品に多数出演。主な出演作は、舞台『弱虫ペダル』今泉俊輔役、超歌劇『幕末Rock』高杉晋作役、『CLUB SLAZY』ブルーム役、 ミュージカル『黒執事』−地に燃えるリコリス− チャールズ・グレイ役、映画『メサイア−深紅ノ章−』五条颯真役など。2016年6/29〜ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』、10/19〜ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』に出演予定。
武島剛志(兄)

吉原光夫

東京都出身。1999年、劇団四季研究所へ入所。『ライオンキング』、『美女と野獣』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』等、数多くの劇団作品に出演する。2009年Artist Company響人〈ひびきびと〉を創立し、出演だけでなく演出を手がける。2011年の『レ・ミゼラブル』ではジャン・バルジャン役を、13・15年公演ではジャン・バルジャン/ジャベール役を演じる。その他の主な出演作に、『手紙』『ザ・ビューティフル・ゲーム』『ジャージーボーイズ』(共に藤田俊太郎演出)、『橋からの眺め』『夜の来訪者』『ダウト』(以上、Artist Company響人公演)

藤田 玲

東京都出身。2003年「仮面ライダー555」で俳優デビュー。主な出演作に、舞台:『戦国BASARA4 皇』、『BOY BAND』、ミュージカル『南太平洋』、『赤毛のアン』、『レ・ミゼラブル』、TV「「牙狼」シリーズ、主演映画「絶狼-ZERO- -BLACK BLOOD-」等がある。又、ロックバンドDUSTZのヴォーカルとしても活躍。テレビ神奈川『猫のひたいほどワイド』では番組MC(木曜担当)を務め、その活動は多岐にわたる。

加藤良輔

1984年3月21日生まれ。茨城県出身。主な出演作は舞台「CLUB SLAZY」ディープ役、舞台「バカフキ!」ビーマ役、ミュージカル「ちっちゃな英雄(ヒーロー)」ロベルト役、舞台「オタッカーズ・ハイ」木下役、映画「××× KISS KISS KISS」晴日斗役など。2016年9月17日〜音楽劇「夜のピクニック」(水戸芸術館ACM劇場)に出演予定。

川口竜也

大阪府高槻市出身。18歳よりミュージカル俳優を志し、大阪芸術大学舞台芸術学科ミュージカルコース入学と同時に、関西を中心に活動している日本ミュージカル研究会・劇団JMAに入団。2008年の東宝『ミス・サイゴン』出演を機に上京し、以降数々の作品に出演。またライブ活動も積極的に行っている。現在、東宝「王家の紋章」ミヌーエ役出演中。2016.10〜梅田芸術劇場「スカーレット・ピンパーネル」2017.5〜「レ・ミゼラブル」ジャベール役(2013年・2015年)出演予定。

染谷洸太

東京都出身。大学卒業まで18年間サッカーを続け、プロテストを受験するも怪我で断念。その後俳優を志し、東宝ミュージカルアカデミー5期卒業。ロックからバラードまで幅広いジャンルを力強く歌いこなす。現在ミュージカルを中心に、ストレートプレイ、ライブ等、活動の幅を広げている。これまでの出演作は「ミス・サイゴン」、「ラブ・ネバー・ダイ」、「bare」、「シャーロック・ホームズ2」、「ひめゆり」、「BEFOREAFTER」等。

GOH IRIS WATANABE

東京都出身。15歳から歌い始め、旧BMGからのバンドデビューの後、2011年よりソロ。演奏活動に加え、2012年「山三・・SWANSONG」を嚆矢として、ORIGINAL音楽劇の制作を開始。2016年現在までに、10作を作詞・作曲・主演として制作。サントラアルバムCD「山三・・SWANSONG(2012)」「NIGHT JASMINE(2014)」をリリース。2015年からは、横浜山手芸術祭での重要文化財建築における上演を史上初めて許可され、好評を博す。2013年岡崎JAZZ ST. VOCAL CONTEST特別賞受賞。ロックはもとより、POPS、シャンソン、クラシックまでレパートリーはノンジャンル。

五十嵐可絵

神奈川県出身。2001年劇団四季入団ー。 マンマミーア日本初演 リサ役 のちに、ヒロイン ソフィ役。「二人のロッテ」「赤毛のアン」 「異国の丘」「王子と乞食」「ソング&ダンス」「オンディーヌ」などに出演 。2009年劇団四季退団ー。 その後、わらび座「ミュージカルアトム」「ミュージカル ブッダ」ミゲーラ役 坊っちゃん劇場「幕末ガール」主演 出雲大遷宮奉納公演「クシナダとスサノオ」クシナダ 扉座「バイトショウ」主演。ミュージカル「TRAILS」宮本亜門演出「ピノキオ」「ミュージカルDAICHI」など 。四季退団後はオリジナルミュージカルを中心に活動中。コンサートやライヴなどにも挑戦中。

和田清香

沖縄県出身。11歳で沖縄アクターズスクールオーディションにてグランプリを受賞し、B.B WAVESのメインメンバーとして国内外の様々なコンサート、テレビ番組に出演。その後シンガーソングライターとしても活動。主な出演作に、音楽劇『あかい壁の家』(渡辺えり作・演出)、『渡辺えり 還暦記念コンサート』、韓国現代戯曲ドラマリーディングVol.7『木蘭姉さん』(松本祐子演出)、ミュージカル『H12』(初演)、ミュージカル『手紙』(藤田俊太郎演出)、『花總まり ファーストソロコンサート』、ミュージカル『アップル・ツリー』(城田優演出)、土曜ワイド劇場『100の資格を持つ女10』、AKB Shortshorts project映画『9つの窓』など。

小此木まり

6歳より舞台を中心にテレビやCMに出演。近年、歌や声の仕事にも力を入れている。主な出演作『ジャージー・ボーイズ』藤田俊太郎演出、『メリリー・ウィー・ロール・アロング』『ピノキオ〜または白雪姫の悲劇〜(ピノキオ役)』宮本亜門演出、『 デスノート THE MUSICAL』『アドルフに告ぐ』栗山民也演出、など。ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』ラプンツェル役、歌の吹替を担当。

山本紗也加

1987年9月19日生。石川県出身。2012年、主に女優展開を目指しトライストーン・エンタテイメントに所属。2013年 ミュージカル『薄桜鬼〜沖田総司篇〜』では2代目ヒロイン 雪村千鶴役を務めた。その後、NTV『ハクバノ王子サマ』(菅原里奈役)やBee TV『ハング』(赤井美智代役)などドラマにも幅を広げ、2016年10月には初の朗読劇『解夏』(原作:さだまさし)にも挑戦。

MUSICIAN

ミュージシャン

村井一帆 / Piano

1983年生まれ、千葉県市川市出身。国際基督教大学教養学部理学科を卒業後、ピアニスト・作編曲家として活動を始め、様々なレコーディングやライブに参加する。近年はミュージカル公演の音楽監督やバンドマスターとしても活動。参加作は「Ordinary Days〜なにげない日々〜」「[タイトル・オブ・ショウ]」「Bare」「TRAILS」等。

井上"KB"幸法 / Guitar

2歳からピアノを始め、小学校の頃からギターを始める。高校卒業後2004年にLAに渡米。ギタリストBrian Madigan氏に師事。そして日向大介氏に出会いLAで活動をする。帰国後、日向大介、沖野修也、mcAT、寺岡呼人、GAKU-MC、椎名純平、DA PUMP、flumpool(KyeとGt)、等 国内のアーティストのLIVEサポートの他、海外アーティスト来日の際のサポートも務める。その他CMやテレビの楽曲制作。最近はギターだけではなく、キーボード、コーラスでのサポートでも活動を始める。

関谷友貴 / Bass

1981年生まれ、大阪狭山市出身。LAMAとバークリー音楽大学にて研鑽を積み、2009年『TRI4TH』加入。同年、三谷幸喜ミュージカル『TALK LIKE SINGING』NY公演。2013年より奄美島唄と津軽三味線が入ったミクスチャージャズバンド『黒船』始動。2016年、探偵!ナイトスクープ『水切りをもう一度』出演。ミュージカル『RENT』や、DAIGO、新納慎也、吉田兄弟のサポートでも活躍中。

土屋玲子 / violin

1992年よりプロとして活動。自らの演奏活動の傍ら、サポートメンバーと して、数々のアーティストのレコーディング、ツアーに参加。 (絢香 元ちとせ 杏子クミコ 山崎まさよし 等)2004年コロムビアレコードよりソロアルバム「二胡の世界」リリース。同年より宮沢和史率いる多国籍バンドGANGA ZUMBAのメンバーとして活動。avexよりデビュー。ワールドツアー参加。2008年 NHK紅白歌合戦出演。現在、プレイヤー、アレンジャー、コンポーザーとして多岐に渡り活動中。

STAFF

スタッフ
脚本・作詞

高橋知伽江

劇作家・翻訳家。劇団四季での勤務経験をいかし、オリジナル・ミュージカル創作に意欲的に取り組んでいる。翻訳家としては、日本未上演作を翻訳して紹介する仕事も多い。第4回小田島雄志・翻訳戯曲賞受賞。『アナと雪の女王』などのディズニー映画で訳詞を担当。『アラジン』(劇団四季上演の日本版)の訳詞で、第23回読売演劇大賞優秀スタッフ賞受賞。
演出

藤田俊太郎

1980年生まれ、秋田県出身。東京藝術大学美術学部先端芸術表現科在学中の2004年、ニナガワ・スタジオに入り2016年まで蜷川幸雄作品に演出助手として関わる。2014年ミュージカル「The Beautiful Game」(新国立劇場小劇場(東京))演出にて第22回読売演劇大賞 優秀演出家賞 杉村春子賞受賞。2015年「美女音楽劇 人魚姫」2016年「ミュージカルJERSEY BOYS」演出。絵本ロックバンド「虹艶(にじいろ)Bunny」としてライヴ活動展開中。
作曲・音楽監督・作詞

深沢桂子

1987年、宮本亜門演出の「I Got Merman」で音楽監督・編曲を務めミュージカルデビュー。以来日本で上演された数々のブロードウェイミュージカルで音楽監督・編曲を務める。 2005年からは自ら企画、作詞、作曲を手がけたオリジナルミュージカルをはじめ、わらび座、坊ちゃん劇場への作曲を数多く手がけ好評を得ている。第24回読売演劇大賞上半期スタッフ賞に「手紙」作曲でノミネートされた。
原作
東野圭吾『手紙』(文春文庫刊)
脚本・作詞
高橋知伽江
演出
藤田俊太郎
作曲・音楽監督・作詞
深沢桂子
振付
新海絵理子
音楽監督助手
村井一帆
美術
原田 愛
照明
日下靖順
音響
山本浩一
技術監督
小林清隆
舞台監督
倉科史典
演出助手
堀内立誉
衣裳
小林巨和
ヘアメイク
糸川智文
宣伝美術
菊田参号
写真撮影
園田昭彦
宣伝ヘアメイク
松本円
制作
難波利幸
制作補
木村彩菜
宣伝協力
カンフェティ
ピアノ協力
タカギクラヴィア(東京公演)
協力
新宿村スタジオ
衣裳協力
Z-IN-X SUBLIMINAL TETRAGON ®
企画協力
文藝春秋
製作
ミュージカル『手紙』製作委員会

CONTACT

お問い合わせ

サンライズプロモーション東京

sunrisetokyo.com 0570-00-3337

ミュージカル『手紙』製作委員会

tegami@no-4.biz