東野圭吾原作
「虚像の道化師〜 演技るえんじる〜」より
オリジナル音楽劇

2021年5月26日(水)〜30日(日)
シアターサンモール

News

お知らせ

ご来場のお客様へのお願いと
新型コロナウィルス感染拡大予防に関しまして


その他、コロナ対策に関してなどの公演に関するお知らせはこちらよりご確認ください。

公式ホームページがオープンしました!

TWITTER

ツイッター

作品概要

捜査一課刑事・草薙俊平のもとに殺人事件の知らせが入った。部下の内海薫と共に草薙は犯行現場へと向かう。そこはある小さな劇団の稽古場。被害者は劇団の演出家・駒井良介。劇団員達に容疑がかかるが、皆アリバイがある。捜査に行き詰まった草薙は、帝都大学准教授・湯川学の知恵を借りようとする。湯川は草薙の旧友で、皆からこう呼ばれていた・・・変人ガリレオ。
湯川の推理と草薙、内海の捜査により、少しずつ容疑者が絞られていく。その過程で見えて来たのは、駒井を中心とした劇団員達の複雑な人間関係だった。ヒロインの工藤聡美は駒井の恋人であり、役者兼脚本家の神原敦子は元恋人。二人とも殺人の動機は充分にある。さらには役者兼衣装係の安部由美子と役者兼大道具係の木波寅太郎の、駒井に対する複雑な思いが絡み合い、捜査は難航する。そして遂に湯川達が辿り着いた真実とは・・・
堤泰之オリジナル脚本による音楽劇。

脚本・演出 堤泰之

高校の同級生に池田君という子がいました。背が低くて頭の大きい、おとなしい子でした。池田君は試験が近づいても、ほとんど勉強をしません。何故なら彼は、教科書を一回読んだら、全てを理解し覚えてしまうからです。当時私は心の底から思いました。こういう奴のことを「天才」と呼ぶんだなと。そして別のクラスに、泉君というもう一人の天才がいました。泉君は帰国子女でもないのに、英語やフランス語、ロシア語、中国語などをマスターしていて、エスペラント語(新しく作られた世界共通語として一時期注目を集めていた言語)の勉強を高校在学中から始めていました。そしてまた別のクラスには、友澤君という天才がいました。友澤君はキングクリムゾンとかピンクフロイド等のプログレッシブロックが好きで、当時はまだ同人誌だったロッキンオンの愛読者でもありました。ロッキンオンは私も読んでいたので、ロックについて語ったりする機会もあったのですが、友澤君の音楽批評は科学者の研究論文のようで、全く頭に入って来なかったことを覚えています。つまり、私の周りにいた「ガリレオ」のような人達は、間違いなく「天才」であり、「変人」だったのです。
あれから四十数年が経ちました。今、私には、解かなければならない命題があります。それは、「ガリレオ★CV」。東野圭吾さんの原作の素晴らしさを損なわずに、独自の味付けをして物語を膨らませ、エンターテインメント性の高い音楽劇に仕上げること。ああ、なんという難題・・果たしてこの命題の解は見つかるのか?どんな方程式を使えばいいのか?もしかして虚数解なのでは?いろいろ思い悩みながら、稽古場で悪戦苦闘を繰り返す日々が続きました。ところがある時、肩の力がフッとぬけました。心配することはない。必ず解は見つかる。何故なら私は一人で戦ってはいないからだ。魅力的な役者達と有能なスタッフ達の力があれば、どんな難題にも立ち向かえるはずだ。そう思ったら、初日の幕が開くのがとても楽しみになりました。私達が見つけ出した解を、早くお客様に観て頂きたいと思えるようになったのです。
どうか、最後までごゆっくりお楽しみ下さい。

プロデューサー 難波利幸

「天才と何とかは紙一重」と言います。自分はその「何とか」が大好きです。我々演劇界にもその「何とか」は沢山います。
飲み会には必ずいて会計時になるといつも「あれ?財布がない、忘れたかな」/貸切公演の企業の方から「相談役」という名刺をもらって「楽そうなお仕事ですね」/マンションの踊り場を通るたびに踊る/芝居はできないのに演出家のダメ出しを台本に英語で書いている/カップ焼きそばのお湯を捨てる前に粉スープを入れる/滑舌が悪いのにバイト先の居酒屋では店長代理/稽古場でご飯休憩になった時におもむろにポケットからそのままのキュウリを出してかじる/家で飼っている親友のかぶと虫を毎日稽古場に連れて来る/芝居の話は5分酒のうんちくは3時間/「俺は雨が好きなんだ。傘なんかささねぇ。」と言ってレインコートに水中眼鏡で歩く/袖で芝居を見ながらスタンバイをしていて感動のあまり自分の出番をとちる/動きながら「マイケル大好きなんすよ」と言うのでよく聞いていたらマイケル・ジョーダンの話/ずっとUSJ銀行って言っている/翻訳劇で演出家に「お前の芝居には地中海が見えねえんだ!」と言われ、「行ったこともねぇのにそんなことわかるか!」と切れる/ボクサーの役作りで毎日生卵を飲み体調を崩し入院し降板/演出家がブチ切れてセットの卓球台をぶん投げた/ネットで「大根役者」と書かれ自分のスマホを機種変/本番中気持ちが入りすぎて小道具の作り物の饅頭を頬張り歯が折れ血だらけで続けた。
天才だと尊敬している東野圭吾さんが作られた湯川・草薙・内海というガリレオチーム。劇団という特殊な世界を熟知されている「何とか」でもある堤泰之さんのワールド。この2つが融合していく。しかも音楽劇。湯川と駒井という全く生きる世界の違う「何とか」の2人を中心に全部で8名の「何とか」が揃いました。ワクワクしています。「何とか」の方々は日ごとに進化し、凡人の自分から見ていると計り知れない進化を遂げています。
ご承知の通り「何とか」というのは「キ〇○イ」という言葉なのですが、それを誉め言葉だと喜ぶメンバーによる饗宴をこころゆくまでお楽しみいただければ嬉しく思います。ご声援のほどよろしくお願いいたします!


 再生 

 


一時停止

 


最初から

楽曲

※短縮ver.

悲しき熱帯魚

作詞 堤 泰之

作曲 楠瀬拓哉

編曲 伊 真吾

トロピカルフィッシュ イン ジ アクアリウム
トロピカルフィッシュ イン ジ アクアリウム
宝石のような輝き放って
水草の間を優雅に泳ぐ
独特のフォルム 鮮やかなカラー
あなたに私の価値がわかるかしら?
贅沢にまかれた餌を求めて
水槽の中で激しく争う
隠されたポイズン 誰かがキラー
あなたに私が飼い慣らせるかしら?
美しく生まれて来たばかりに
狭い世界に閉じ込められて
あなたを喜ばせるために
いつまで演じ続ければいいの?
悲しきトロピカルフィッシュ
観られるのは嫌いじゃない
悲しきトロピカルフィッシュ
だけど心の中は見せてあげない
トロピカルフィッシュ イン ジ アクアリウム
トロピカルフィッシュ イン ジ アクアリウム

ガリレオのテーマ

作詞 堤 泰之

作曲 楠瀬拓哉

編曲 伊 真吾

薄暗い廊下
重い扉の向こう(には)
壁一面の 難解な数式
からみつく機材のコード
眠らないモニター
ブルーライトが照らす(のは)
鋭い眼差し 冷たい微笑み
味のないインスタントコーヒー
人は彼をこう呼ぶ
変人ガリレオ
この世に解けない謎はない
それは科学者のプライド
金や名誉には興味がない
ただ真実が知りたいだけ
窓から見えるこの世界は
全て私のラボラトリー
人は私をこう呼ぶ
変人ガリレオ

十字架

作詞 堤 泰之

作曲 楠瀬拓哉

編曲 伊 真吾

あなたの言葉の欠片が
私の胸を刺した時
暗い夜空に散らばる
想い出の星を数えてた
握った十字架に
祈りを捧げる
涙が乾くまで
独りにしてほしい
私の想いの結晶が
あなたの胸を刺せるなら
朝の光とひきかえに
小さな星になるつもり
背負った十字架に
祈りを捧げる
涙が乾いたら
虹がかかればいい

虚像の道化師

作詞 堤 泰之

作編曲 伊 真吾

 

派手な衣裳 身にまとい
ありふれた夢 売り歩く
磨けばもっと 輝くと
美しい嘘 振りまいて
夜空を彩る 花火のように
儚く消える 虚像の道化師
もう笑わなくていい
もう踊らなくていい
静かに幕を下ろそう
涙で化粧が落ちないうちに

キャスト

安里勇哉

加藤良輔

三好大貴

宮原理子

難波なう

橋果鈴

荻野紗那

久保田秀敏

公演・チケット情報

公演日程
2021年5月26日(水)〜30日(日)
5月 26日(水) 27日(木) 28日(金) 29日(土) 30日(日)
13:00      
14:00      
18:00        
19:00    
チケット

一般前売り

2021年
5月3日 12時〜

全 席 指 定
  • 料金 7,500 (税込・未就学児入場不可)

カンフェティ

  • WEBで購入

  • 電話で購入

    平日10:00〜18:00

    0120-240-540

    ※オペレーター対応

劇場

シアターサンモール

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-19-10サンモールクレストB1

PROFILE

プロフィール

安里勇哉

安里勇哉

as 駒井良介

プロフィール

安里勇哉

as 駒井良介

1987年12月4日生まれ、沖縄県出身。大衆演劇をモチーフとしたショーボーイユニット「TOKYO流星群」のメンバー。主なの出演作に、舞台「黒子のバスケ」、「おそ松さんon STAGE〜SIX MEN'S SHOW TIME 〜」、ミュージカル「王室教師ハイネ -THE MUSICAL U-」、ドラマ「CODE1515」など多数。2021年はデビュー10周年となり11月に10周年記念主演舞台を控える。

加藤良輔

加藤良輔

as 草薙俊平

プロフィール

加藤良輔

as 草薙俊平

1984年3月21日生まれ 茨城県出身
2004年ミュージカル『テニスの王子様』でデビュー。近年は舞台を中心に活躍し、作品ごとに違った存在感を出し活躍中。主な出演作に、「abc★赤坂ボーイズキャバレー」シリーズ、音楽劇『夜のピクニック』、浪漫活劇譚「艶漢」第四夜、THE CONVOY SHOW vol.38『ONE!』、『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.2-などがある。

三好大貴

三好大貴

as 木波寅太郎

プロフィール

三好大貴

as 木波寅太郎

1992年7月27日生まれ、大阪府出身。
2012年、劇団Patch1期生として入団。
俳優としての活動のほか、脚本・演出・音楽制作なども行う。舞台『Gem Fragments』ボヌール 役、shared TRUMP シリーズ 音楽朗読劇『K世界』、『十二夜』セバスチャン 役、舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち 南海太郎朝尊 役、ドラマ「検事・佐方〜恨みを刻む〜」、連続テレビ小説「まんぷく」などに出演。
Twitter:@patch_run
Instagram:@daiki_miyoshi

宮原理子

宮原理子

as 神原敦子

プロフィール

宮原理子

as 神原敦子

1992年1月6日生まれ。東京都出身
玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科卒業 幼少期から、歌とダンスを習い、表現する喜びを覚える。CMやイベントに多数出演し、活動の幅を広げた。
2004年ミュージカル「Annie」でアニー役を務め、その後様々なミュージカルに出演。
昨年、1年間のフランス留学中には、現地でのコンサートの開催、童謡を通して日本文化を紹介するワークショップも行い、好評を博す。
最近の出演作品は、[ドラマ]テレビ朝日『特捜9season4』第1話、CSチャンネルネコ 『ラーメン刑事 #2』など。

難波なう

難波なう

as 内海薫

プロフィール

難波なう

as 内海薫

1995年10月21日生まれ。東京都出身。
趣味は離島巡り。
2011年、韓国アルコ劇場にて上演された『夏の夜の夢』にてパック役を好演。2012年には全日本高校演技大会で作品賞を受賞。若手実力派として注目を集め、今年2月に上演された『ピーチオンザビーチノーエスケープ』では体当たりの演技が話題となった。

主な舞台出演作品に、西瓜糖『うみ』演出 松本祐子、西瓜糖『レバア』演出 寺十吾、『バクステ』演出 川本成、『バクステ!3rd stage.』演出 南鳩史之、□字ック『滅びの国』演出 山田佳奈、『見よ、飛行機の高く飛べるを』演出
酒井菜月、キ上の空論『ピーチオンザビーチノーエスケープ』演出 中島庸介など。映画『紅葉橋』監督 石川二郎。

【次回出演】
○2021年6月 下北沢OFF・OFFシアター/10月 中目黒キンケロシアターにて。近日情報解禁。
https://youtu.be/kTjsoCz9Bzo
難波なう公式HP
http://nambanau.mystrikingly.com/

橋果鈴

橋果鈴

as 工藤聡美

プロフィール

橋果鈴

as 工藤聡美

2000年7月22日生まれ
千葉県出身。かに座。A型。
特技はピアノ、ダンス、歌、絶対音感。
2012年から2017年までガールズダンス&ヴォーカルユニット・Prizmmy☆として活動。
2015年には舞台『「美少女戦士セーラームーン」-Un Nouveau Voyage-』にて土萠ほたる/セーラーサターン/ミストレスナイン役として抜擢され初舞台を踏む。
2017年、Prizmmy解散後は舞台を中心に活動。
代表作品はミュージカル座「ひめゆり」、「少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE 青嵐- BLUE GLITTER」、「デスノート THE MUSICAL 2017」、「クジラの子らは砂上に歌う」等

荻野紗那

荻野紗那

as 安部由美子

プロフィール

荻野紗那

as 安部由美子

静岡県出身。
主な出演作に舞台「レディ・ア・ゴーゴー!! 2020」、音楽劇「夜のピクニック」、ドラマ「あのコの夢を見たんです。」、ドラマ「知らなくていいコト」、ドラマ「決してマネしないでください。」など、舞台・ドラマと幅広く活動している。
Twitter:@GINO_Sana
Instagram:@ginosanadayo

久保田秀敏

久保田秀敏

as 湯川学

プロフィール

久保田秀敏

as 湯川学

福岡県出身。『テニスの王子様』2ndシーズン(上島雪夫演出)仁王雅治役、『心霊探偵八雲』(伊藤マサミ演出)斉藤八雲で注目を集める。近年の出演作品に映画「新宿ミッドナイトベイビー」「ディアスポリス」、ドラマ「大奥 第二部〜悲劇の姉妹〜」「家政夫のミタゾノ」など。舞台では『私のホストちゃん』(村上大樹演出)、『一月物語』(谷賢一演出)、『憂国のモリアーティ』(西森英行演出)、『戦国BASARA 天政奉還』(ヨリコジュン演出)、『血界戦線』(西田大輔演出)、『文豪とアルケミスト』(吉谷光太郎演出)、『バレンタイン・ブルー』(堤泰之演出)『東京原子核クラブ』(マキノノゾミ演出)『薄桜鬼』(西田大輔演出)など。

STAFF

スタッフ
原作
東野圭吾
『虚像の道化師〜演技るえんじる〜』
(文春文庫刊)
脚本・演出
堤 泰之
音楽
楠瀬拓哉
伊真吾
美術
本江義治
照明
阿部典夫
音響
早川 毅
谷井貞仁
舞台監督
やまだてるお
演出助手
糸原 舞
制作助手
木村菜摘
宣伝美術
菊田参号
田中しおり
収録
Kawanavox
宣伝協力
吉田祥二
北村隆行
音楽
OVERCOME MUSIC
美術
Stage Lab
照明
Aプロジェクト
音響
ステージオフィス
演出部
モモプランニング
大道具
ステージフォー
宣伝美術
バグスタジオ
宣伝協力
カンフェティ
企画協力
文藝春秋
制作
木村彩菜
プロデューサー
難波利幸
企画・製作
エヌオーフォー

お問い合わせ