泪橋ディンドンバンド2

「泪橋ディンドンバンド」テーマ

ディンディン・ドンドン・ディンドン・バンド
ディンディン・ドンドン・ディンドン・バンド

川沿いの 下り坂を チャリンコこいでいく
駄菓子屋の ばあちゃんに 手を振りながら

音をはずしても 歌詞を忘れても
大声で 胸張って 歌えばいい (ベイベー)

夕日に 向って 懐かしい あの歌を
笑顔が 戻ったら 明日は 晴れるかな

あー愛しの泪橋

ディンディン・ドンドン・ディンドン・バンド
ディンディン・ドンドン・ディンドン・バンド

再生する 一時停止する 最初から聴く
昨年、2016年8月、おかげさまで大好評のうちに『泪橋ディンドンバンド』は幕を閉じました。
そして今年、2017年11月、RP☆THEATERの第2弾といたしまして『泪橋ディンドンバンド2〜傷だらけの夕陽〜』を上演する運びとなりました。

泪橋(なみだばし)。
シャッター街であるこの土地で生きる決意をする岩松銀次郎。
熱い仲間たちと何でも屋であるチンドン屋にこだわり続ける「ディンドンバンド」。
「君が笑えば僕も笑う。僕らが笑えば誰かが笑う。この町に笑顔を届けよう。悲しみ多き泪橋に笑顔の花を咲かせよう。それが俺達、泪橋ディンドンバンド!」
熱くて泣けるとてもあたたかい作品だったとたくさんの方々から感動のご感想をいただきました。

今回の「傷だらけの夕陽」は前回のストーリーに続いて行く前の段階のストーリーとなります。
つまり、今回の「傷だらけの夕陽」のストーリーの続きが、前回の公演のストーリーに繋がります。
なので、岩松銀次郎、岩松牡丹の姉弟や結城卓、番野哲也、戸村耕介、秋川諒たちの過去が描かれたりもしています。
それぞれの人生がどう移り変わっていったのか。

台本はこれからですが、作/演出の堤泰之さんの頭の中にはすでに構想が固まっているそうです。
もちろん、今回だけでもハートフルな堤作品になること間違いなしですが、それぞれの人間模様を考えるとワクワクします。

みなさんもぜひ楽しみにしていてください!
ご来場お待ち申し上げております!

SCHEDULE / TICKET

劇場スケジュール / チケット購入

東京公演

銀座 博品館劇場

2017年11月4日(土)〜11月12日(日)
  11月4日(土) 11月5日(日) 11月6日(月) 11月7日(火) 11月8日(水) 11月9日(木) 11月10日(金) 11月11日(土) 11月12日(日)
12:00          
14:00            
17:00          
19:00        
  昼公演 夜公演
11月4日(土) 12:00 17:00
11月5日(日) 12:00 17:00
11月6日(月) 19:00
11月7日(火) 14:00 19:00
11月8日(水) 14:00 19:00
11月9日(木) 19:00
11月10日(金) 14:00 19:00
11月11日(土) 12:00 17:00
11月12日(日) 12:00 17:00

チ ケ ッ ト 一 般 発 売

 
9月16日(土)午前10時〜
全 席 指 定
  • 料金 4,800 円(税込)

チケットぴあ

イープラス

ローソンチケット

博品館1F TICKET PARK

TWITTER / MEDIA

ツイッター / メディア

CAST

キャスト

八神 蓮

安里 勇哉(TOKYO流星群)

和田 雅成

青木 一馬(TOKYO流星群)

村田 恒

西川 俊介

ふじわらみほ

小林 健一

STAFF

スタッフ
作・演出
堤泰之(プラチナペーパーズ)
音楽
楠瀬拓哉
美術
田中敏恵
照明
阿部典夫
音響
相川幸恵
舞台監督
堀吉行
演出助手
成平有子
ヘアメイク
西田聡子
宣伝美術
菊田参号
写真撮影
園田昭彦
制作
難波利幸
制作補
木村彩菜
監修
谷村れみ
協力
Keri inc 動物電気
制作協力
NO.4

GOODS

グッズ

Coming Soon...

CONTACT

お問い合わせ

サンライズプロモーション東京

sunrisetokyo.com 0570-00-3337

泪橋ディンドンバンド制作

ddb@no-4.biz

performance

過去の公演